保育のつぶやき2020

*** 保育のつぶやき ***

2020.7.29 夕涼み会

 毎年恒例の夕涼み会。夕方に幼稚園に集まって、様々なゲームや製作をして過ごします。
今年は、コロナ対策でクラスごとに3日間に渡って開催します。初日は、ひよこ組とたんぽぽ組の子ども達です。
園の門を入ると、「ゆうすずみかい」の提灯が出迎えてくれます。園庭に入ると、あちらこちらにいろんな虫たちが…
何が始まるんだろうと、ワクワクドキドキ!ゲームの説明を聞いて、しゅっぱーつ!

何から始めようかな?部屋の中を覗き込みながら、やってみたいゲームを探します。
大きな木の中から、ふわふわ出てくるちょうちょを網で捕まえる「むしとりキャッチ」。飛んでいるちょうちょを捕まえるのは難しくて…
下に落ちたちょうちょをかごの中へ。捕まえたちょうちょは、優しく大きなかごに入れてあげようね。
「とてとててんとうむし」は、うちわで扇いでテントウムシをゴールまで連れていきます。
名前の通り、とてとて動くテントウムシはなかなか上手く進みません。前に進んだかと思えば、またスタートに戻ったり…
あたふたしながら、ゴールにたどり着いた時の達成感に満ちた顔!
「まといれ」は大きな蜂の巣の中に、ボールを投げ入れるゲームです。
えいっと投げても、思わぬ方向にいってしまったり、跳ね返ってきたり…「どうしても入れたい」という気持ちが抑えきれず、目の前まで行って入れてしまう子も。
でも全部入ったという喜びの方が大切ですね。
製作ではテントウムシのうちわにシールを貼ったり、クレパスで模様やお顔を描いたり思い思いの素敵なうちわが完成しました。
今日のお土産です。

最後はみんなでブラックパネルのお話しを楽しみました。お部屋が暗くなり、ブラックライトに照らされて浮かび上がってくる虫たち。
いつもと違う演出に、じーっと見入っていました。
虫たちもお家に帰る時間となり、お外は少し暗くなっています。とっても楽しかったけど、ちょっぴり眠くなってきた様子。
夏の楽しい思い出ができたかな?

DSC04634.JPGDSC04637.JPG

DSC04654.JPGDSC04669.JPG


DSC04658.JPGDSC04661.JPG


2020.7.21

 待ってました!暑い日差しがようやく降り注ぎ、園庭で思いっきり夏しか経験できない遊びをしました。固形石鹸をおろし器で細かく削り、水を注いで泡立て器で混ぜると…ふわふわのクリームみたいな泡が出来ました。最初は、水が多すぎて上手く泡が出来なかった子も何度も挑戦しながら、どんどんパテシエのような泡が出来るようになりました。何だか、おいしそう☆

スライム作りも、お手の物!ホウ砂水と水と、洗濯のりを混ぜていると少しずつ重くなってきて…あら不思議、スライムが完成します。保育日もあと少し、お天気の良い日は思いっきり夏の遊びを楽しみたいと思います。



CIMG9617.JPGCIMG9619.JPG

CIMG9621.JPG

2020.6.25 

 いよいよ来週から、通常の午前保育が始まります。保護者の皆さまのご理解とご協力のおかげで、安全を確認しながら一歩一歩進んでこれたこと、本当に感謝しています。
子ども達も自分自身の健康と安全を守るために、マスクの着用や、手の消毒など協力してくれています。不便なこともありますが、何よりも子どもたちが笑顔で心豊かに毎日の園生活を送れるよう教職員一同、力を合わせて歩んでいきたいと願っています。

 暑い毎日の中、梅雨の晴れ間には外遊びを楽しむ子ども達です。
大きいスコップで一生懸命砂をすくっては大きなお山を作ったり、バケツに水を汲んできて川を作ったり…心と体をたくさん動かしながら過ごしています。
プールは実施しない夏。出来るだけ、外でお水を使って遊びたいと思います。



CIMG9558.JPG

2020.6.1  グループ登園

 約3か月ぶりに、子どもたちの声が幼稚園に戻ってきました。
マスク姿ではありますが、元気そうな姿を見ることが出来て、嬉しく思います。
グループでの自主登園となりますが、少しずつ園生活を取り戻しつつ過ごしていければと思います。

園では、感染拡大防止のために出来る限りの対策を取っています。
アルコールでの消毒はもちろん、ソーシャルディスタンスを取れるように手洗い場に印をつけるなど。
クラスの中でも、子どもたちとこれからの園生活の中で自分たち自身で気を付けていくこともお話ししていきます。

やっぱり子どもたちと過ごせるのは、幸せなことです。
このまま、日常が戻っていって欲しいと願うばかりです。



CIMG9472.JPGCIMG9471.JPG

2020.5.15 あおむし

 今年も、金柑の木にちょうちょが卵を産みにやってきたようです。
小さくて黒い赤ちゃんを発見!
・・・その横には葉っぱっを食べて、すっかり大きくなった青虫の姿も。
さなぎになって、ちょうちょになる日を子ども達と迎えることが出来たらいいな
と願っています。


DSC04371.JPGDSC04374.JPG


2020.5.10 母の日

 日曜日は、母の日ですね。この息苦しいような状況の中でも、子ども達、家族のために頑張って下さっている全てのお母さんに、心からのありがとうを伝えたい思いです。
頑張りすぎず、難しいかもしれませんが時には心の休息を取りながら、過ごしてほしいと思います。
 去年、教会の方から教師たちにと母の日のプレゼントとして、バラの鉢植えをいただきました。せっかくなので大きな鉢に植え替え、暑い夏も、寒い冬も耐え忍び、今年もこの季節に美しい花を咲かせてくれました。
「ありがとう」と言っているようで、何だか嬉しなります。


DSC04366.JPGDSC04365.JPG


2020.5.10 ザリガニ


クラスでお世話をしているザリガニに、いつものようにエサをあげようと水槽をのぞくと、「ん?ザリガニ増えた?」「一匹のはずのザリガニが二匹?」
よ~く見てみると、脱皮してる!!そうです。もう一匹のザリガニかと思った方は、上手に脱いだ殻だったのです。
そのままの形を残して少し大きくなった身体が出てくるなんて、本当に不思議です。
写真でよ~く比べて下さい。

                                                              
DSC04363.JPGDSC04362.JPG  


2020.4.28

子ども達に大人気の遊具、通称「さんかくのおうち」。雨やほこりですっかり色あせてしまっていたので、園長先生がニスを塗ってピカピカにしてくださいました。
ロープに手が届かな~い⇒三角のてっぺんのまで登れない
⇒やったー!登れた。でも降りるのが怖い・・・・と段階を一つずつ乗り越えながら、
一つできるたびに達成感を得て、自信に繋がっているようです。そして腕の力や体幹の育ち、そして出来るまでやってみるなどの心の育ちを垣間見ることが出来ます。

また、登るだけではなく「おうち」と呼ばれているように、三角の中に入ればお店屋さんやお家に大変身。砂場のおもちゃを入れたり、マットや巧技台を駆使して楽しんでいます。

子ども達がこの遊具で遊ぶ姿を早く見たいと心から願う日々です。

DSC04310.JPG


2020.4.24
去年の秋の終わり、春になったら子ども達と食べようと思いそら豆の苗を植えていました。
すくすく成長しりっぱな実を結んでいます。枝にぶら下がってなる実の多い中、そら豆はその名の通りしっかりと空に向かって育ちます。
その姿に、勇気をもらった気がしました。
そら豆を見ると、子ども達の大好きな絵本「そらまめくん」シリーズを思い出します。あたたかいイラストとほっこりするストーリーです。
この時期ならではの絵本。子ども達と読んでみるのもいいかもしれませんね。

DSC04308.JPG

幼稚園にある2本のハナミズキが満開です。
台風で折れてしまった1本は、もう花を付けないかもと思わせるほど元気がない様子でしたが、
今年も白くてかわいらしい花を咲かせました。青い空に白い花。とてもきれいなコントラストです。
(今日は残念ながら曇り空😢)

DSC04309.JPG

2020.4.22

自粛生活の中、どのようにお過ごしでしょうか?子ども達のいない幼稚園は静まり返っています。
一日も早く、子ども達の元気な姿が戻ってくることを願ってやみません。
大変な毎日だと思いますが、お互いを思いやる気持ちを忘れず少しでも前を向いて過ごしていきたいですね。

DSC04301.JPG

去年のちょうど今頃、藤ヶ丘幼稚園にやってきた「ふわりん」です。
ピーターラビットと同じネザーランドドワーフという種類の女の子です。なかなかのグルメさんで、好きな餌しか絶対に食べません。
最近は、嫌なにおいや、音に反応し、後ろ足をどんどんと鳴らすスタンピングをするようになってきました。
でも、なでてもらうのが大好きな甘えん坊さんでもあります。

早く子ども達と遊びたいなあと首を長くして待っています。

milk_btn_pagetop.png 

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|

milk_btn_next.png